椅子を使用した太もものストレッチ 上級者向け

運動の目的
難易度
上級
部位
太もも
道具
椅子
この運動について
椅子に座ってできる腸腰筋のストレッチです。腸腰筋は上半身と下半身を繋ぐ中心の筋肉で、歩行動作のメインマッスルです。腸腰筋の一部である大腰筋の減少率は、70〜80歳代で20歳代の30〜40%であることが報告されています。そのため、腸腰筋の賦活はつまずき防止や転倒予防として注目されています。
高齢者においては、椅子に座る時間が長くなるため、この腸腰筋の柔軟性が低下しやすくなります。腸腰筋は、高齢者に多い円背や立位保持の安定性とも関係性が強いと言われています。ストレッチして姿勢改善を図っていきましょう。

【運動の注意点】
① バランスを保ち、転倒に注意します
② 太ももの付け根を意識し、ストレッチします

【推奨時間】
左右交互に30秒×3セット行いましょう
この運動に関連する論文や記事
いいね!と思ったらぜひシェアを
わたしの評価

健康であり続けたいあなたに
耳寄り情報を届けます