洗体動作訓練

運動の目的
難易度
中級
部位
道具
タオル
この運動について
背面を洗う動作(洗体)ための模倣動作訓練の一つです。一般的にあぐらは背中が丸まってしまう姿勢ですが、ご高齢者の中には浴室の床に座って体を洗う方が多くいらっしゃいます。そのため、実際のあぐらの姿勢で肩や胸の柔軟性を高めていきましょう。
ADL訓練の一つとして取り組んでみてはいかがでしょうか。

【運動のポイント】
①肩や胸を意識し、ストレッチします
②可動域に応じてタオルの長さを変えましょう

【推奨時間】
30秒程度
この運動に関連する論文や記事
いいね!と思ったらぜひシェアを
わたしの評価
名前 太郎(リハビリ職)
この椅子に座った姿勢でタオル体操として高齢者の方に提案してました!!実際のお風呂の時を想定すると床に座る方もいらっしゃるからあぐらの姿勢も応用動作として活用してみよう!
2017年06月13日 12時15分
返信する

健康であり続けたいあなたに
耳寄り情報を届けます