前鋸筋を鍛えるための壁押しトレーニング

運動の目的
難易度
初級
部位
肩甲骨
道具
自重
この運動について
壁押しトレーニングは腕を前に出し、壁を手の平でゆっくり壁を押し、じっくりと背中を伸ばします。
主に前鋸筋と言う肋骨に付着する筋肉を鍛え、肩の安定性を高める効果が期待できます。

【運動の注意点】
①肩を必要以上には上げないようにします
②合わせて肩甲骨の内側の筋を伸ばします
※前鋸筋の筋力低下や麻痺がある場合には、翼状肩甲などを認める場合も多く、評価に活用していきましょう。また、そのようなケースであれば挙上困難や疼痛を訴えることも多いのでチェックが必要です。

【回数】
30秒×3〜5セット
この運動に関連する論文や記事
いいね!と思ったらぜひシェアを
わたしの評価

健康であり続けたいあなたに
耳寄り情報を届けます