梨状筋ストレッチ 基本編

運動の目的
難易度
中級
部位
お尻
道具
自重
この運動について
梨状筋といわれるお尻のストレッチのご紹介です。組んだ足を持ち上げることで、より効果的にストレッチすることができます。梨状筋の柔軟性低下や筋固結により、腰痛や坐骨神経痛、仙腸関節の機能障害を引き起こすことがありますので、腰痛予防や股関節・骨盤の可動性を維持するためにも日頃から取り組んでおきたいストレッチです。

【運動の注意点】
① 膝や股関節に痛みがある方は無理をしないようにします
② 人工股関節として手術をされている方などは禁忌となりますのでご注意ください
③ 脚で引き上げることが困難な方は、両手を膝下に入れ、引き上げましょう

【推奨時間】
両足交互に30秒×3セット
この運動に関連する論文や記事
いいね!と思ったらぜひシェアを
わたしの評価
大橋亮(リハビリ職)
梨状筋だから多裂筋とかとの関連性があるためかな? ゴルフとか野球、スイングするスポーツにいいストレッチだね
2017年01月29日 17時12分
返信する
藤野洋佑(リハビリ職)
筋筋膜性腰痛のストレッチとして効果的です。
2017年01月28日 22時52分
返信する

健康であり続けたいあなたに
耳寄り情報を届けます