パテラセッティング|タオル編

運動の目的
難易度
初級
部位
太もも
道具
タオル
この運動について
医療現場ではパセラセッティング(クワドセッティング)と呼ばれる大腿四頭筋の筋力トレーニングです。パテラセッティングは変形性膝関節症の予防や膝関節に疼痛のある方にも疼痛を誘発しやすい関節運動を伴うことなく運動を実施できます。特に内側広筋を意識して鍛えることで膝関節周囲の固定性を高めることができます。
腹臥位のパテラセッティングは、背臥位でのパテラセッティングに比べて大腿直筋の筋活動が高くなると言われています。こちらのトレーニングが容易にできる方には伏臥位でのエクササイズもお勧めです。

【運動の効果】
① 大腿四頭筋の内側広筋を賦活させ、膝蓋骨の機能不全を予防します。
② 膝関節への負担を減らして大腿四頭筋の筋力増強ができます。
③ 関節運動に伴い滑液循環を促進する効果が期待できます。

【運動の注意点】
① 股関節は内転位または軽度外旋位で実施して内側広筋の収縮を促しましょう。
② 足関節を背屈することで大腿四頭筋の収縮を促しましょう。

【推奨回数】
力を入れたまま5秒間×20回×2〜3セットを目安に行いましょう。
この運動に関連する論文や記事
いいね!と思ったらぜひシェアを
わたしの評価
近藤慎也(リハビリ職)
変形性膝関節症の方は膝の伸展制限や大腿四頭筋の筋力低下が生じているので、パテラセッテイングのような膝の最終伸展域でのトレーニングは非常に有効であると思います。
2017年07月18日 10時18分
返信する
名前 太郎(リハビリ職)
パテラセッティングは整形外来にいた頃、運動処方していたのを思い出します!膝関節への負担が少ない運動は他にはどのようなものがありますか?
2017年07月12日 12時56分
返信する

健康であり続けたいあなたに
耳寄り情報を届けます