自宅でできる外旋六筋のストレッチ 中級者向け

運動の目的
難易度
中級
部位
背中
道具
自重
この運動について
梨状筋を中心とした、外旋6筋のストレッチです。梨状筋の柔軟性低下は、坐骨神経が圧迫したり癒着のすることで坐骨神経の絞扼性障害を引き起こす原因としても知られています。梨状筋をストレッチして柔軟性を高めておくことで坐骨神経への圧迫を予防しておきましょう。

【運動の注意点】
① 呼吸に合わせ、お尻から太ももの裏が伸びるのを意識して行いましょう。
② 痛みが出る場合は運動を中止しましょう。

【推奨回数】
左右交互に10回を目安に行いましょう。
この運動に関連する論文や記事
いいね!と思ったらぜひシェアを
わたしの評価

健康であり続けたいあなたに
耳寄り情報を届けます