左右方向へのワイピング

運動の目的
難易度
初級
部位
道具
この運動について
机上ワイピングは肘・肩の関節可動域を拡大させるための上肢機能訓練です。空間操作が難しい(筋力がない場合や痛みがある方など)場合の、セミクローズドな訓練として取り入れることができます。

【運動の注意点】
なるべく大きく動かすことを意識して行います

【推奨回数】
左右10回以上
この運動に関連する論文や記事
いいね!と思ったらぜひシェアを
わたしの評価

健康であり続けたいあなたに
耳寄り情報を届けます