腸腰筋のストレッチ|テニスボール編

運動の目的
難易度
初級
部位
お尻
道具
ボール(小)
この運動について
テニスボールを活用した鼠径部のストレッチです。鼠径部には縫工筋や恥骨筋、腸腰筋と言われる筋肉が存在します。特に恥骨筋と腸腰筋は比較的深層部に付着しているので膝を抱きかかえながらゆっくりと大きく深呼をしてボールを深部まで押し当てましょう。深層部に付着する筋肉に対しても圧迫を加えることで柔軟性を高めることができます。

【運動の禁忌】
①悪性腫瘍や癌などは転移を助長させる可能性がある
②開放創や縫合部がある場合
③全身または局所的な感染がある場合

【推奨時間】
90〜120秒程度かけてゆっくり行いましょう
この運動に関連する論文や記事
いいね!と思ったらぜひシェアを
わたしの評価

健康であり続けたいあなたに
耳寄り情報を届けます