立ち仕事が多いあなたのための腰痛予防ストレッチ

立ち仕事をしていると、腰が痛くなる経験をされた方も多いと思います。 主な原因として考えられるのは、背中や太ももの筋肉が疲れにより、筋肉が緊張している(張っている状態)可能性があります。 本稿では、立ち仕事が多い方を対象とした、腰痛予防のストレッチ方法をご提案します。

腰痛の原因を考えてみよう

立ち仕事が多い方で腰痛が慢性化している方も多いのではないでしょうか?
これは抗重力筋という背中やお尻、太もも、ふくらはぎの過度な緊張が原因となりやすいと言われています。
この他にも、すべり症や脊柱管狭窄症などの疾患などが原因のものなど個人によって原因は異なります。

専業主婦の方であれば家事をされる時間も長いと思いますが、早稲田大学の長澤らの研究によると、『住まいの満足度』が高まると、『家事の楽しみ』が増え、『ストレス・疲労感』が減り、慢性腰痛が減ると報告しています。

このことから、本稿では、「ストレスや疲労感」を緩和させるストレッチなどを以降紹介していくので、参照していただきたい。

今回ご紹介するストレッチは、1日の疲れをとる(ヒーリング)ことを目的としたものですので、足のしびれや過度な痛みを感じる方は、直接専門家の指導の下、行ってください。

住環境における健康維持推進に関する研究 その44 : キッチン作業からみた腰痛・肩こりの改善要因(健康維持増進(1),環境工学I)
平成28年10月10日アクセス

背中の筋肉のストレッチをしよう

背中の筋肉にストレスが過度にかかりすぎると、腰痛を引き起こす原因になります。
こちらの運動を行い、背中のストレスを緩和させましょう。

オススメのタイミング:入浴後
コツ:20秒程度かけて、ゆっくり息を吐きながら行いましょう

厚生労働省e-ヘルスネット(2008)「抗重力筋」
2016年7月8日アクセス

太ももの裏をストレッチしよう

太ももの裏のハムストリングをストレッチしましょう。

立ち仕事は太ももへのストレスがかかります。ストレスがかかった状態を放置しておくと、柔軟性が欠如し猫背を助長させ、腰痛の原因になります。定期的にストレッチをし、体のメンテナンスをしていきましょう。

オススメのタイミング:入浴後
コツ:息を吐きながら20秒程度しっかりと伸ばしましょう

お尻のストレッチをしよう

お尻の筋肉を伸ばすストレッチです。お尻の筋肉は抗重力筋の中でも大きな筋肉で、立ち仕事で非常にストレスがかかりやすい部位でもあります。しっかりとストレッチを行いヒーリングを行ってください。

オススメのタイミング:入浴後
コツ:30秒程度かけてゆっくり息を吐きながら行いましょう。勢いをつけるのはオススメできません。

ふくらはぎをストレッチしよう

ふくらはぎもストレッチしましょう。子どもの頃に伸脚をされていた方も多いとは思いますが、違いはゆっくり伸ばすことです。
勢いをつけて行うストレッチは、筋肉への刺激が強くヒーリングには不向きと弊社では考えています。

タイミング:入浴後
コツ:30秒以上かけてゆっくりと行います

いかがでしたでしょうか。
ヒーリングを目的としたストレッチはゆっくりと行うことが非常に重要です。
神経症状がある方や骨粗しょう症など整形外科に通院されている方などは専門家の指導の下、必ず行ってください。

ご相談やアドバイス等ございましたら、ご気軽にご連絡ください。

この記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。この記事の情報を用いて行う行動は、利用者ご自身の責任において行って頂きますようお願い致します。
この記事をお気に入りに保存する
関連する記事のまとめ
Rehab for JAPAN
カタイ股関節を柔らかくする方法とセルフチェック方法
年齢を重ねるにつれて少しずつ身体が硬さが気になりませんか?その代表的な箇所に股関節があります。股関節が固くなると膝に負担が増えたり、腰痛を発症したりします。今回は、こんな股関節を柔らかくするための...
>続きを見る
Rehab for JAPAN
腰を柔らかくするストレッチ方法|あなたはどのタイプ?
日頃から「腰痛がある」「座っていると腰がツラく立っている方が楽だ」などの悩みをお持ちの方はいませんか?これらは身体の中心でもある腰や胸の硬さが原因かもしれません。今回は、そんな腰を柔らかくする方法...
>続きを見る
Rehab for JAPAN
肩を柔らかくするストレッチ方法|柔軟性のチェック方法もご紹介
最近、肩の固さが気になる方はいませんか?長時間のデスクワークや日常生活で固くなってしまいやすいのが肩です。ストレートネックや肩こり、猫背が気になる方は肩が固くなっている場合があります。そんな肩を柔...
>続きを見る