肩の高さが左右で違う!?身体の傾きを整えるエクササイズ方法とは

鏡を見た時に「肩に左右差がある」と身体の傾きに気が付いた方、日頃から「背中に違和感がある」「肩のだるさ」などを感じている方は必見です。体の歪みの原因は、肩だけでなく体全体に要因があると考えれています。そこで、今回は「体の傾き」を整えるエクササイズ方法をご紹介します。

身体の傾きの原因とは!?

身体の傾きを整えるためには、まずは身体の構造を簡単に理解しておきましょう。

身体の歪みとは、筋肉への過剰な負担や、筋力の低下、筋肉が硬くなるなどにより背骨や骨盤が傾いた状態になることです。
身体は、骨と筋肉、筋膜、靭帯によって重心を保つ※「テンセグリティー構造」をしています。その軸となるのは「脊椎」「骨盤」「足」です。

◯脊椎
脊椎は緩やかな逆S字のカーブ構造をしており、この逆S字カーブによって重力から身体を効率よく負担のかかりにくい仕組みになっています。
◯骨盤
骨盤は、上半身と下半身をつないで全身を支える土台の役割と、内臓や生殖器を守る役割をしています。
◯足
足は、縦横のアーチ構造と腱膜の機能があります。アーチは、地面からの衝撃を吸収して関節への負担を軽減するクッションの役割を担っています。腱膜の機能は、元に戻ろうとする力を生み出し、それが前に進むためのバネ(推進力)の役割をしています。

そのため「脊椎」「骨盤」「足」を痛めたり、悪い姿勢や生活習慣により本来の軸の位置から傾くと、身体に傾きが出現し、凝りや痛みを起こしたり、内臓の不調を招いたりと全身の健康に影響を及ぼしてしまいます。

※テンセグリティ構造とは、テンショナル・インテグリティ(張力による統合)による造語です。圧縮力と張力という相反する力の釣り合いによって、構造が自己安定化する構造システムを指します。

胸と肩甲骨の動きを改善して傾きを整えよう

身体の傾きの原因の1つ目に「脊椎の傾き」があります。脊椎の一部を担う「胸椎」と「肩甲骨」に原因があると肩の高さに傾きが出てきます。

こちらの運動は、胸椎と肩甲骨の動きを広げてくれる効果があります。
胸椎と肩甲骨を正しい位置に戻してくれるため、身体の傾きに効果が期待できます。

さらに効果を高めるポイントとして、胸の下にタオルを置いて「呼吸」を意識すると良いでしょう。大きく複式呼吸をして運動に挑戦してみてください。

背中や胸をエクササイズして傾きを整えよう

こちらの運動は、背中(脊柱起立筋や広背筋)と胸(大胸筋)のエクササイズです。

「脊椎」には脊柱起立筋や広背筋といわれる筋肉が存在します。

この筋肉の左右どちらかが過剰にストレスを受けていると、身体の傾きを招くことになり兼ねません。

左右対称に背中の筋肉の柔軟性を保ち、身体の傾きを予防していきましょう。

骨盤の傾きを整えるトレーニングをしよう

身体の傾きの原因の2つ目に「骨盤の傾き」があります。

骨盤は、上半身と下半身を繋ぐ役割があります。

こちらの運動は、外に開いた骨盤や股関節の動きを整えてくれるため、身体の傾きには効果が期待できます。

足の歪み!?どうやって整えるの?

身体の傾きの原因の3つ目に「足の傾き」があります。

一般的には外反母趾や浮き指、扁平足、マメなどがその原因です。

こちらの運動は、足の指の筋肉を鍛えることでアーチの構造と足裏の腱膜を整えることに効果が期待できます。

医療法人慶裕会 吉野整形外科 「足の構造と機能」
平成28年7月8日アクセス

セルフコンディショニングとは

最後に「自分自身で身体の調子を整える」ということについてお話しさせていただきます。

一般的に「身体の調子を整える」ことをスポーツの世界では、コンディショニングといいます。
コンディショニングをすることで、スポーツでは運動のパフォーマンスを高めてくれたり、疲れにくい身体になったり、様々な不調(こり・むくみ・肥満・慢性痛・冷え)を解消してくれます。

皆さんも、今回の運動方法を見て、知って、やってみて、自分自身で身体の調子を整えてみてください。

一般社団法人日本コンディショニング協会
平成28年7月6日アクセス

コンディショニング店の紹介

自分自身で身体の調子を整えているけどなかなか結果が出ない方は、コンディショニングが受けれるお店をご紹介します。

コンディショニングに携わるスタッフはトレーナーや整体師、理学療法士、ヨガなど多岐に渡ります。
その中で整体師、トレーナー、理学療法士によるコンディショニングが受けれる店舗を以下にご紹介します。参考までにチェックしてみてください。

①自由が丘コンディショニングセンター阿部接骨  http://jiyugaoka-c-c.com/
整体師によるコンディショニングセンター

②コンディショニングセンター品川  http://toredie.com/
トレーナーによるコンディショニングセンター

③Body Consulting Station 「KIZUKI」 http://kizuki-lfp.com/
理学療法士によるコンディショニングステーション

いかがでしたか。今回は、身体の歪みを整えるエクササイズ方法をご紹介しました。
身体の歪みに関しては、痛みが出ている場合やヘルニア、分離症、すべり症、変形性脊椎症などの医師からの診断を受けている場合は無理な運動はせず、医療機関を受診することをオススメします。

私達は、これからも「あなたに合った運動」を提案させて頂きます。
あなたの毎日を充実した、輝くものにするためのご協力が出来ればと思っています。
何かご相談などがありましたら、連絡お待ちしています。

この記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。この記事の情報を用いて行う行動は、利用者ご自身の責任において行って頂きますようお願い致します。
この記事をお気に入りに保存する
関連する記事のまとめ
Rehab for JAPAN
カタイ股関節を柔らかくする方法とセルフチェック方法
年齢を重ねるにつれて少しずつ身体が硬さが気になりませんか?その代表的な箇所に股関節があります。股関節が固くなると膝に負担が増えたり、腰痛を発症したりします。今回は、こんな股関節を柔らかくするための...
>続きを見る
Rehab for JAPAN
腰を柔らかくするストレッチ方法|あなたはどのタイプ?
日頃から「腰痛がある」「座っていると腰がツラく立っている方が楽だ」などの悩みをお持ちの方はいませんか?これらは身体の中心でもある腰や胸の硬さが原因かもしれません。今回は、そんな腰を柔らかくする方法...
>続きを見る
Rehab for JAPAN
肩を柔らかくするストレッチ方法|柔軟性のチェック方法もご紹介
最近、肩の固さが気になる方はいませんか?長時間のデスクワークや日常生活で固くなってしまいやすいのが肩です。ストレートネックや肩こり、猫背が気になる方は肩が固くなっている場合があります。そんな肩を柔...
>続きを見る