一人で簡単!肩甲骨はがしの効果とストレッチ方法を大公開!

「肩甲骨はがし」という言葉を聞いたことがありますか?肩甲骨はがしとは、この肩甲骨を運動軸に合わせて大きく動かしたり、ストレッチすることです。この肩甲骨はがしは、肩こりや肩甲骨の周辺に痛みがある方、猫背の方、バストアップを目指す方にオススメです。そこで今回は、一人で簡単にできる「肩甲骨はがし」のストレッチ方法をご紹介したいと思います。

「肩甲骨はがし」とは

肩甲骨をはがすという表現はピンとこないかも知れません。


そこでまず、肩甲骨はがしについて解説します。


肩甲骨は、多くの関節や靭帯、筋肉で接合されており、直接骨と接していないため、非常に自由度の高い骨となっています。そのため、接合部に何らかの障害があると、肩甲骨の動きに制限が出て、結果として関連する関節や筋、靭帯に影響を及ぼします。



この肩甲骨を運動軸に合わせて大きく動かしたり、ストレッチすることを一般的に「肩甲骨はがし」と言います。

肩甲骨の主な運動と肩甲骨はがしの効果

肩甲骨には、大きく6つの運動方法があります。

【肩甲骨の運動方法】
①「内転」
②「外転」
③「上方回旋」
④「下方回旋」
⑤「挙上」
⑥「下制」


肩甲骨の運動方法にそって肩甲骨をはがしていくと以下のような効果が期待できます。

【肩甲骨はがしの効果】
① 肩こり解消

肩こりと肩甲骨には深い関わり深いので肩甲骨をはがして周辺の筋肉をほぐすことで血行が改善され、肩こりが緩和します。

② 猫背の改善
肩や肩甲骨周辺の筋肉が固くなると、姿勢が悪くなって猫背になってしまうことがあります。そこで肩甲骨はがしをすると肩と肩甲骨の柔軟性が高まり、猫背の改善にも繋がります。

③ バストアップ
肩甲骨は、体側に位置するバストの筋肉と密接に関係しています。肩甲骨はがしで周辺の筋肉をストレッチする事で、胸を張った姿勢になるのでバストが上がって、ラインがキレイに見える効果が期待できます。


肩甲骨はがしは第三者に行って頂くのが理想的です。しかし、ペアでするとなるとなかなか時間が取れません。

そこで、一人で出来る肩甲骨はがしについて、ご紹介していきます。

一人でできる肩甲骨はがしの方法|①内転・外転運動のストレッチ

[画像タップで詳細表示]

先程ご紹介した、肩甲骨の運動方向に合わせて3つの「肩甲骨はがし」のストレッチ方法をご紹介していきましょう。

まずは肩甲骨の内転・外転運動のストレッチです。

注意するポイントとして、肩をすくめたり、肩の力を入れ過ぎると代償動作となり効果が半減してしまいます。
リラックスし、ゆっくりと大きく動かすように取り組みましょう。

一人でできる肩甲骨はがしの方法|②上方回旋のストレッチ

[画像タップで詳細表示]

続いて肩甲骨の上方回旋のストレッチです。

こちらでは肘関節や肩関節に強いストレスがかかりますので、痛みが伴う場合は無理をしないようにしましょう。

運動のポイントとして、呼吸に合わせて行います。
ストレッチを行う際は基本的に息を吐き出し、最後まで吐き切るまでゆっくりと大きくストレッチしましょう。

一人でできる肩甲骨はがしの方法|③挙上・下制運動のストレッチ

[画像タップで詳細表示]

最後に肩甲骨の挙上・下制運動のストレッチです。

こちらの運動では挙上・下制運動のみならず内転・下方回旋運動も伴います。

それぞれを意識し、胸を張るように意識しましょう。
こちらの運動でも呼吸での息を吐くポイントが重要となりますので、呼吸を止めず吐きながらストレッチするように心がけます。

肩甲骨のストレッチはダイエット効果も!?

肩甲骨と姿勢、ダイエットの関係性は強いと言われています。

肩甲骨の可動性と柔軟性を獲得することで、姿勢の改善はもちちろんですが、肩こりや首こり、猫背、肩の痛みなどの改善にも影響します。

それだけ肩甲骨は様々な部位や症状に影響してくるということですね。

※詳しくは別の記事でご紹介していますので、興味のある方はそちらを参考にしてください。

【終わりに】
今回は一人で出来る肩甲骨はがしストレッチの方法をご紹介させて頂きました。
肩甲骨の動きと柔軟性を手に入れることが如何に大切かお分かり頂けたかと思います。
「Selfbox」では、今回紹介した運動以外にも様々な道具を使用した運動をご紹介しております。皆様の毎日が充実した、輝かしい日々につながるよう、ご協力ができれば幸いです。

この記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。この記事の情報を用いて行う行動は、利用者ご自身の責任において行って頂きますようお願い致します。
この記事をお気に入りに保存する
関連する記事のまとめ
Rehab for JAPAN
カタイ股関節を柔らかくする方法とセルフチェック方法
年齢を重ねるにつれて少しずつ身体が硬さが気になりませんか?その代表的な箇所に股関節があります。股関節が固くなると膝に負担が増えたり、腰痛を発症したりします。今回は、こんな股関節を柔らかくするための...
>続きを見る
Rehab for JAPAN
腰を柔らかくするストレッチ方法|あなたはどのタイプ?
日頃から「腰痛がある」「座っていると腰がツラく立っている方が楽だ」などの悩みをお持ちの方はいませんか?これらは身体の中心でもある腰や胸の硬さが原因かもしれません。今回は、そんな腰を柔らかくする方法...
>続きを見る
Rehab for JAPAN
肩を柔らかくするストレッチ方法|柔軟性のチェック方法もご紹介
最近、肩の固さが気になる方はいませんか?長時間のデスクワークや日常生活で固くなってしまいやすいのが肩です。ストレートネックや肩こり、猫背が気になる方は肩が固くなっている場合があります。そんな肩を柔...
>続きを見る