セラバンドトレーニング|バランス編

運動の目的
難易度
上級
部位
お尻
道具
セラバンド
この運動について
セラバンドを活用した大臀筋の筋力トレーニング。体幹の安定性をベースとし、下肢をダイナミックかつコントロールする能力を鍛えることができます。また、片脚立ちの姿勢を保ったまま上半身を前に傾けるため、バランス能力と股関節の安定性が要求されるトレーニングです。

【運動の注意点】
①背中や腰、脚が一直線になるように意識します
②腰の位置が上下しないように注意します
③ご高齢者においては下肢筋力とバランス能力が必要ですので、対象に合わせて運動処方を行ってください

【推奨回数】
10回×3セット
この運動に関連する論文や記事
いいね!と思ったらぜひシェアを
わたしの評価

健康であり続けたいあなたに
耳寄り情報を届けます