セラプラストを使用した握力トレーニング

運動の目的
難易度
初級
部位
道具
椅子
この運動について
こちらの運動は「鉤型握り」と言われる指先の筋力増強訓練です。鉤型にぎりでは、親指以外の4本の指を使用し、握り込みを行います。特に中指・小指の力が必要になる、猿やゴリラなどの手でよく活用される運動です。日常生活ではフライパンを握る際に、スポーツではボルダリングの際に活躍する手の機能です。

【運動の注意点】
①対象によって持ちやすい大きさにしましょう
②指に痛みがある方は無理をしないようにします

【推奨回数】
10回程度
この運動に関連する論文や記事
いいね!と思ったらぜひシェアを
わたしの評価

健康であり続けたいあなたに
耳寄り情報を届けます