腸腰筋のダイナミックストレッチ|椅子編

運動の目的
難易度
中級
部位
太もも
道具
椅子
この運動について
腸腰筋の動的ストレッチ。運動前の準備体操として行うことにより、怪我の予防やパフォーマンスの向上の効果が期待できます。椅子や壁を支持することで安定した姿勢で腸腰筋をストレッチすることができます。足幅を広げることで、よりストレッチ効果が期待されます。

【運動の注意点】
① 股関節の付け根を意識しストレッチします
② 背中が丸まらないように背筋を伸ばします

【推奨時間】
10〜15秒×3セット
この運動に関連する論文や記事
いいね!と思ったらぜひシェアを
わたしの評価

健康であり続けたいあなたに
耳寄り情報を届けます