お尻と太もものストレッチ|椅子座位編

運動の目的
難易度
中級
部位
お尻
道具
椅子
この運動について
椅子に座ったままできるお尻と太もものストレッチです。座った姿勢で片膝を抱え込むことでお尻に付着する「大臀筋」や太ももの裏に付着する「ハムストリング」の柔軟性を高めることができます。ただし、寝て行う大臀筋のストレッチと比較すると、ストレッチ効果は弱いため、運動前の動的ストレッチとしてご活用ください。

【運動の注意点】
① 胸を張り、背中を丸めないようにします
② 膝や股関節に痛みがある方は無理をしないようにします
③ 後方への転倒に注意しましょう
④ 転倒リスクがある場合、背もたれや壁を使用したり、体育すわりで行うと良いでしょう

【推奨回数】
左右共に15秒程度×3セット
この運動に関連する論文や記事
いいね!と思ったらぜひシェアを
わたしの評価

健康であり続けたいあなたに
耳寄り情報を届けます